2021年3月3日 水曜日
            Booking.com
ホーム 海外デジタルノマド お洒落で快適なコワーキングスペース アジア

お洒落で快適なコワーキングスペース アジア

世界を旅するデジタルノマドが目指す場所として「東南アジア」の人気が高まっています。

物価が安く、天候が良く、自然が美しい東南アジアは元々バックパッカーの旅先として人気がありました。その東南アジアでは近年IT系スタートアップシーンが盛り上がっており、コワーキングスペースも充実しています。

東南アジアがデジタルノマドに人気の理由として

  • 物価が安い
  • 通年で暖かい
  • コワーキングスペースが充実している

この3点が大きな要因となっています。

この記事では、東南アジアの都市からおしゃれで快適なコワーキングスペースをいくつかピックアップしてご紹介していと思います。

東南アジアでも特にデジタルノマドに人気があり、コワーキングスペースやコリビング施設を中心にノマドのコミュニティがある以下の場所をピックアップしました。

  1. タイ(バンコク・チェンマイ)
  2. フィリピン(マニラ・セブ)
  3. インドネシア(バリ・ウブド)
  4. マレーシア(クアラルンプール)
  5. ベトナム(ホーチミン)

タイ・バンコクのコワーキングスペース

「AIS D.C.」

タイ・バンコクのおしゃれなコワーキングスペース

1年間の利用料が1,200バーツ(約4,100円)~と、爆安なコワーキングスペースがタイのバンコクに存在しています。

料金約4,100円は月額ではなく年間ですよ!

AIS Design Centerは値段が安いだけじゃなく、コワーキングスペースとしてのクオリティ・立地も高水準です。

デパート内にあるため、お腹が減ったらデパートのフードコートがあるし、帰宅前の買い物もできるのが嬉しいですね。

最寄駅はプロンポン駅で、このエリアは日本人御用達です。つまり日本食レストランもたくさんあります。

良い点

  • 値段がおかしいくらい安い
  • 駅直結でデパートの中(エンポリアムデパート5F)
  • 年中無休

惜しい点

  • 人気のコワーキングスペースのため混雑する
  • 椅子が硬め

住所:5th Fl The Emporium 622 Sukhumvit Soi 24,Khlong Toei, Bangkok, Thailand

TEL:02-029-2299

営業時間: 10.30 – 21.00

ウェブサイト:https://aisdc.ais.co.th/home/

利用料:1日150バーツ(約510円)、年間1,200バーツ(約4,100円)

「Nap Lab」

こちらのコワーキングスペースはコンセプトが面白くて、なんとお昼寝ができるコワーキングスペースです。

コワーキングスペースの雰囲気がわかるYouTubeがあります。

ね?面白いですよね。

PC作業に疲れたらお昼寝して疲れを取ることができます。コワーキングスペースとホステルの融合施設って感じですかね。

1日中こちらのNap Labで過ごすことができるのは最高だと思います。

良い点

  • 疲れたらいつでもお昼寝ができる
  • ゲームコーナーや卓球台があって気分転換できる
  • シャワーまでついている

惜しい点

  • 元気な学生がよく利用しているためうるさくて集中しづらい
  • 駅から少し歩く(ナショナルスタジアム駅から徒歩10分)

住所:NapLab, Chulalongkorn Soi 6, Bangkok, Thailand

TEL:081-734-5147

営業時間:9:00-21:00

利用料:12時間 750バーツ(約2,580円)、24時間1,050バーツ(約3,610円)

Naplabのフェイスブックページ:https://www.facebook.com/NapLab-808498162583752/

タイ・チェンマイのコワーキングスペース

「TCDC」

こちらもバンコクのAIS DC同様破格の年間パスがあります。

その料金なんと600バーツ!(約2,065円)

なぜならこちらTCDC国が運営するコワーキングスペースのため値段が抑えられているんです。しかも広くて静かな環境でがっつり作業に集中できます!

住所:1/1 Muang Samut Rd, Chang Moi Sub-district

TEL: (66) 5 208 0500 #1

営業時間:10:30-19:00(月曜休み)

利用料:1日100バーツ(約344円)、年間600バーツ(約2,065円)

ウェブサイト:https://web.tcdc.or.th/th/aboutus

フィリピン・マニラのコワーキングスペース

「Clock In BGC」

Clock Inはマニラ市内に複数店舗を構える大手のコワーキングスペースです。

今回紹介するのは、マニラ市内でも治安が比較的良いボニファシオ・グローバルシティ(BGC)にあるClock Inです。

マニラは場所により治安が良くないので注意が必要ですが、このBGCは飛び抜けて治安が良いです。マニラで長期滞在するならBGCエリアを第一候補にしましょう!

良い点

  • 治安が比較的良いエリアにある
  • フリーランスやイケてるスタートアップが集まる

惜しい点

  • ちょっと狭い

住所:C2 Bonifacio High Street Central, 7th Ave.

Bonifacio Global City, Taguig

TEL: (0917) 393-3646 / (632) 816-6627

営業時間:8:00-19:00(土日休み)

利用料:1日620ペソ(約1,310円)

ウェブサイト:https://bgc.clockin.com.ph/bonifacio-high-street

フィリピン・セブのコワーキングスペース

「The Company Cebu IT Park」

HM Tower内にあり、日本人も多く集まるコワーキングスペース。

良い点

  • 朝9時から営業している
  • 椅子が快適
  • 日本人と知り合えるかも

惜しい点

  • オシャレすぎるコワーキングかも
  • 土日が休み

住所:15F, HM Tower West Geonzon St., Lahug

Cebu City, Cebu Philippines 6000

TEL: +63 995 104 0499

営業時間:9:00-19:00(土日休み)

利用料:1日400ペソ(約855円)

ウェブサイト:https://thecompany.ph/

インドネシアのコワーキングスペース (バリ・ウブド)

「Outpost Coworking」

Photos from Outpost official Facebook

バリ島に3店舗、カンボジアに1店舗を構えるコワーキングスペースです。バリにはウブドに2件、チャングーに1件あります。

天井が高くオープンな雰囲気で、リゾート気分を満喫でき、かなり快適に過ごせます。

Outpostはコワーキングスペースだけでなく、宿泊できる部屋やプールが利用できます。プールが使えるコワーキングスペースは珍しいですよね。

併設されているカフェもオシャレで価格も手頃です。

良い点

  • Wi-Fiが速い
  • コリビングとして宿泊もできる

惜しい点

  • 支店によっては場所が少し不便

住所(ウブド):Outpost Ubud Coworking, Jalan Raya Nyuh Kuning

Mas, Ubud, Gianyar – Bali Indonesia

TEL: +62 (0) 361 9080584

営業時間:24時間

利用料:1日16ドル(約1,650円)

ウェブサイト:https://destinationoutpost.co/

マレーシア・クアラルンプールのコワーキング

「Common Ground」

2019年のアジアベストコワーキングに輝いたのがCommon Groundです。マレーシアだけでなくタイ、フィリピンにも多数の店舗を構えている大手のコワーキングスペースです。

クアラルンプールだけでも13店舗ありますが、ここではクアラルンプールで一番の繁華街ブキッビンタンのコワーキングを紹介します。

Menara World Wideビルの24と25階がコワーキングスペースになっていて、かなり広くて満席になることは少ないと思います。

良い点

  • 場所がいい
  • オシャレ
  • 椅子が最高
  • ビルの高層階で景色が良い

惜しい点

  • 利用料が高い
  • 営業時間が短い

住所:Level 24 & 25, 198 Menara Worldwide, Jalan Bukit Bintang, 50450 Kuala Lumpur

TEL: +60 3-2181 9600

営業時間:9:00-18:00

利用料:1日50リンギット(約1,275円)、1ヶ月499リンギット(約12,740円)

ウェブサイト:

https://www.commonground.work/locations/my/kuala-lumpur/bukit-bintang

ベトナム・ホーチミンのコワーキング

「CirCO Co-working Space」

Photo from Circo official Facebook

ホーチミンでのおすすめコワーキングスペースはCirCO Co-working Space。ホーチミン市内には2カ所あります。

共同スペースの広さが快適な作業ができる要因です。スタッフも親切ですし、椅子も座りやすいです。また、ここでしか入手できないシールももらえたり、何かと楽しいコワーキングスペースです。

良い点

  • 広くて落ち着いた店内
  • Wi-Fiが速い

惜しい点

  • グループ利用している人が多い
  • 静かなので友人同士の利用は不向き

住所:384 Hoang Dieu Street, District 4, Ho Chi Minh City, Vietnam

TEL: +842871089899

営業時間:8;30〜18:30

利用料金:1日約700円

ウェブサイト:https://circo.co/

アジアのおしゃれなコワーキングスペース まとめ

東南アジアで世界のデジタルノマドに人気の都市にあるおすすめコワーキングスペースを紹介しました。

東南アジアの若者はスタートアップ志向がより強く、IT関連で起業して働く若者が増えていおり、コワーキングスペースも充実しています。

上記に挙げた旅行者にも人気のアジアの都市にあるコワーキングスペースは、アジア現地の起業家達と世界から集まったデジタルノマドが交流する場所としても機能しています。

リゾート気分を味わえるコワーキングが多いのも東南アジアならでは。オシャレで快適なコワーキングもたくさんあるので、時には場所を変えて色々なコワーキングスペースを体験するのも楽しいですよ!

SNS

532ファンいいね
49フォロワーフォロー
0購読者購読

人気の記事

デジタルノマドとは

【自由に働きたい人必見】デジタルノマドを徹底解説 コロナウイルス禍でのリモートワークや働き方改革の影響で、「自由な働き方で生きていきたい」と考えるようになった方はいませんか? 実際にフリーランス人口の増加とともに「デジタルノマド」という働き方を選択する人が増えてきています。 今回は「デジタルノマド」について、 デジタルノマドという生き方とはメリットデメリット

【不便?きつい?】アドレスホッパーの生活とおすすめサービス3選

拠点を持たない生き方・アドレスホッパー。住居や荷物など不便な部分が多そうですが、実態はどうなのでしょうか。メリットやデメリット、注意点、そしてアドレスホッパーの生活を快適にするサービスを紹介します!

デジタルノマド 必須アイテム5選

デジタルノマドという新しい生活をしたいけど、どんなものが必要かわからない方に向けて、必須アイテム5選と選び方のポイントについて解説します。この記事を読めば、失敗のない買い物ができますよ!

デジタルノマド向けのビザ発行を発表している5カ国

「海外でデジタルノマド生活をしたい」人向けに、仕事しながら旅先に長期滞在できるデジタルノマド向けビザを発行する国が増えてきました。

リモートワーク?テレワーク?今さら聞けないその違いは?

最近「リモートワーク」や「テレワーク」という言葉がよく使われるようになってきましたが、二つの言葉の意味の違いを知っていますか?意味の違い、テレワークのメリット・デメリットを解説します。

【コワーキングスペースとは?】流行の背景とおすすめスペース5選

近年増加傾向のコワーキングスペースは作業に集中できる環境が欲しい方にはぴったりです。どんなところなのか、どんなコワーキングスペースがあるのか気になる方におすすめコワーキングスペース5選を紹介します!

アジア特集

【タイで海外ノマド】タイのコワーキングスペース5選

日本人デジタルノマドワーカーにオススメの国・タイ。ノマドライフにオススメな理由とタイのビザの概要、タイ各地でおすすめのコワーキングスペースを5つ紹介します。

【海外ノマド】フィリピンがノマドライフに最適な3つの理由

デジタルノマドにオススメの国と言えばフィリピン。今回はフィリピンがノマドライフに最適な理由、ビザ、フィリピンのおしゃれなコワーキングスペースについて解説します!

アジアで節約ノマド生活

アジアで海外ノマド生活をする上での節約ポイントを紹介。物価の安い東南アジアとはいえ、無計画に出費していてはダメ、コストを抑えつつ、充実したノマド生活を送るためのヒント。

マレーシアでノマド生活

在住者の視点から、マレーシアがノマド生活に向いているのか、メリット・デメリットを交えてお伝え。滞在先情報、ビザ情報、コワーキングスペースを紹介。

カンボジアで快適にノマド生活をするには

近年バックパッカーにもデジタルノマドにも注目されている旅先がカンボジア。カンボジアでのノマド生活を快適に送るためのヒント。

ベトナムのホーチミンでノマド生活

「ホーチミンのノマド事情は?コワーキングスペースとかあるかな?」フランス文化の影響を受けた東南アジアのエキゾチックな国、ベトナムでデジタルノマド生活をしてみよう。