2021年1月27日 水曜日
            Booking.com
ホーム デジタルノマド生活 【コワーキングスペースとは?】流行の背景とおすすめスペース5選

【コワーキングスペースとは?】流行の背景とおすすめスペース5選

「リモートワークを家でしているけど、集中できなくて全然はかどらない…」という方はいないでしょうか。そんな方におすすめなのが、仕事に快適な環境と交流の場を提供してくれるコワーキングスペースです。

今回は、コワーキングスペースの定義や流行の背景とオススメのコワーキングスペース5選を紹介します!

最近話題のコワーキングスペースとは?

Photo by Austin Distel on Unsplash

コワーキングスペースとは、独立して働いている個人がデスクやWi-Fiなど共有スペースや備品を利用して仕事を行う場所のことです。シェアオフィスやレンタルオフィスと似ていますが、利用者同士の交流などコミュニティが発生するという点で異なります。

コワーキングスペースによって異なりますが、利用者は月極や時間制、ドロップインなどでスペースを借りることで、

  • Wi-Fiなどのネットワーク回線
  • デスク
  • フリードリンク

などを利用できます。

コワーキングスペースのニーズは拡大傾向

東京23区コワーキングオフィス開設面積と開設数の推移

引用元:https://www.cbre-propertysearch.jp/article/JapanCoworking_2018/

東京23区のコワーキングオフィス新規開設面積と新規開設数推移のグラフを見ると、コワーキングスペースの急速な普及が分かりますね。

新規開設面積は2009年頃から徐々に増加し、2017年から2018年にかけて約2倍に拡大しています。

なぜコワーキングスペースの需要は高い?利用者はどんな人?

コワーキングスペースの需要が高まっているのは、オフィスや特定の作業場所を持たないフリーランスやスタートアップで起業した人、リモートワーカーなどが増加傾向にあることが大きな要因です。

近年クラウドソーシングやフリーランス専門エージェントなど、個人が仕事をしやすい環境が整ったことでフリーランス人口が増加しています。

さらに働き方改革やコロナウイルス禍の影響でリモートワークをする人も増えていますよね。

おすすめコワーキングスペース5選をご紹介!

「コワーキングスペース利用してみたいな」と思った方に向けて、便利・ユニークなコワーキングスペース5選を紹介します!

おすすめコワーキングスペース1:【全国展開】BIZ comfort

コワーキングスペースBIZ comfortは東京や大阪、兵庫など66拠点を展開するコワーキングスペースチェーンです。

24時間365日利用可能で、月額は地域によりますが1万円前後とリーズナブル。集中して勉強したい人向けのスタディブース、仕事をしたい人向けのワークブース、飲食可能のカフェブースなど、用途に応じてブースを使い分けられます。

BIZ comfort 公式サイト:https://bizcomfort.jp/

おすすめコワーキングスペース2:【全国展開】SERVCORP

SERVCORPは世界23か国で160拠点以上国内では東京、横浜、大阪、名古屋、福岡の5都市で25拠点を展開するワークスペース運営会社です。

コワーキングスペース東京
写真: Servcorp公式サイト

コワーキングスペースは月額2.5万円〜と少し高めですが、

  • 1人当たりのスペース業界平均3倍の12㎡
  • 全座席からプリンタ利用可能
  • 交流会・イベントの開催

など充実したサービスが受けられます。

Servcorp 公式サイト:https://www.servcorp.co.jp/ja/

おすすめコワーキングスペース3:【リゾート気分で働ける】パセラのコワーク

パセラのコワークは「気分が上がるバリ風リゾート×便利快適スマートオフィス」というコンセプトでコワーキングスペースを運営しています。

店舗は東新宿、東神田、銀座、池袋など9カ所あり、全店舗駅近でアクセス良好です。

フリードリンクなどWi-Fiなど一般的なサービスに加え、

  • 焼きたてパン&赤・白ワイン
  • 自転車
  • マッサージチェア
  • ドライヤー・ヘアアイロン

などが利用可能なちょっと面白くて便利なコワーキングスペースですよ。

元々首都圏、関西圏でカラオケ店を運営している会社なので、カラオケボックスを個室オフィスとして貸し出すサービスも展開しています。

パセラコワーク公式サイト: https://www.pasela.co.jp/coworking/

おすすめコワーキングスペース3:【海のそばで仕事しよう】hinode

写真:hinodeコワーキングコミュニティ公式サイト

hinodeは千葉県いすみ市大原駅から徒歩15分のコワーキングコミュニティスペースです。千葉県いすみ市は東京から特急電車で約70分。美しい海など豊かな自然に恵まれた環境で作業ができます。

月額料金は1万円と立地を考えると少し高めですが、

  • hinode本棚に加えることを条件に好きな本を注文
  • 専用のコーヒーメーカーの利用
  • 自転車レンタル
  • 郵送物の受け取り代行

など充実したサービスが受けられますよ。

hinodeコワーキングコミュニティ公式サイト:https://hinode-isumi.com/

おすすめコワーキングスペース3:【地方再生】田舎フェ(INA CAFE)

写真:田舎フェ公式サイト

田舎フェは群馬県JR前橋駅から徒歩12分ほどの場所に位置するコワーキングスペースです。前橋を盛り上げるために設立され、交流や情報発信の場となって地域活性化を目指しています。

月額料金は一般1万円ですが、高校生・シニアは5,000円と非常にリーズナブルです。高校生やシニアの方はとてもお得に利用できますので、オススメですよ。

田舎フェ公式サイト:https://www.brain-f.com/inacafe/index.html

コワーキングスペース Q&A

❓ コワーキングスペースって何?

✅ 独立して働いている個人がデスクやWi-Fiなど共有スペースや備品を利用して仕事を行う場所のことです。

❓ 月額料金はどのくらい?

✅ コワーキングスペースの提供しているサービス内容や立地によって大きく異なりますが、1万円〜5万円程度のところが多いです。

❓ コワーキングスペースにはどんな設備がある?

✅ デスクやチェア、Wi-Fi、フリードリンクは用意されているところがほとんどです。

❓ 選び方のポイントは?

✅ 作業ができるだけでいいなら最低限の設備、オフィスにしたいなら住所や来客者スペースの利用可否などで判断しましょう。

❓ コワーキングスペースを利用するメリットは?

✅ 周りも作業しているので、自宅よりモチベーションも高まりますし、交流イベントなどで色々な人と出会える機会もありますよ。

ページトップ画像 by Austin Distel on Unsplash

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

SNS

532ファンいいね
48フォロワーフォロー
0購読者購読

人気の記事

デジタルノマドとは

【自由に働きたい人必見】デジタルノマドを徹底解説 コロナウイルス禍でのリモートワークや働き方改革の影響で、「自由な働き方で生きていきたい」と考えるようになった方はいませんか? 実際にフリーランス人口の増加とともに「デジタルノマド」という働き方を選択する人が増えてきています。 今回は「デジタルノマド」について、 デジタルノマドという生き方とはメリットデメリット

【不便?きつい?】アドレスホッパーの生活とおすすめサービス3選

拠点を持たない生き方・アドレスホッパー。住居や荷物など不便な部分が多そうですが、実態はどうなのでしょうか。メリットやデメリット、注意点、そしてアドレスホッパーの生活を快適にするサービスを紹介します!

デジタルノマド 必須アイテム5選

デジタルノマドという新しい生活をしたいけど、どんなものが必要かわからない方に向けて、必須アイテム5選と選び方のポイントについて解説します。この記事を読めば、失敗のない買い物ができますよ!

【コワーキングスペースとは?】流行の背景とおすすめスペース5選

近年増加傾向のコワーキングスペースは作業に集中できる環境が欲しい方にはぴったりです。どんなところなのか、どんなコワーキングスペースがあるのか気になる方におすすめコワーキングスペース5選を紹介します!

リモートワーク?テレワーク?今さら聞けないその違いは?

最近「リモートワーク」や「テレワーク」という言葉がよく使われるようになってきましたが、二つの言葉の意味の違いを知っていますか?意味の違い、テレワークのメリット・デメリットを解説します。

デジタルノマド向けのビザ発行を発表している5カ国

「海外でデジタルノマド生活をしたい」人向けに、仕事しながら旅先に長期滞在できるデジタルノマド向けビザを発行する国が増えてきました。