2021年3月3日 水曜日
            Booking.com
ホーム 海外デジタルノマド 究極のワ―ケーション! 海外ノマド向けコワーキングキャンプとクルーズ

究極のワ―ケーション! 海外ノマド向けコワーキングキャンプとクルーズ

皆さんは、デジタルノマドを対象にしたコワーキングプログラムやクルーズがある事をご存知ですか?世界中のデジタルノマドが参加するパッケージツアーで、実際にどのような会社やプランがあり、どのくらいの費⽤で参加できるか?をご紹介します!

デジタルノマド向けコワーキングキャンプ

Remote Year

Remote Year

「仲間と旅をしながらリモートワークをしたい⼈がいるのでは?」という疑問から始まったコワーキングキャンプRemote Yearでは、デジタルノマド向けのパッケージツアーを提供しています。

参加に必要はものは「⾃分の仕事」と「スーツケース」だけ!⽉2000ドル(約207,000円)の参加費⽤には、宿泊費、交通費、Wifi付きのワークスペース、個室、現地アクティビティ紹介、現地スタッフのサポートなどが含まれています。

短期の1ヶ⽉プランから、毎⽉違う都市に移動する中⻑期プラン、アジアや南⽶、ヨーロッパなど特定の地域内で移動するプランなど、様々なプランが⽤意されています。その他、ツアー参加者限定のチャットルームやリピーター割引、勉強会の開催などもしているため、ツアー参加後もノマド仲間と繋がる事が出来ます。

Remote Year https://www.remoteyear.com/

Wifi Tribe

Wifi Tribe

⺠族や部族を意味する「トライブ」がテーマのWifi Tribeは、まさにデジタルノマド(遊牧⺠)を象徴するかのようなコワーキングプログラムです。

コワーキング&コリビング(共に働き、共に住む)をテーマに、アジア、ヨーロッパ、中南⽶、アフリカなど様々な旅先を提供しており、最⼤の特徴は年中開催されるツアーのうち「いつどこで参加してもいいし、抜けてもいい」という⾃由なスタイルです!

参加費⽤は滞在都市とルームタイプによって異なり、メキシコ(オアハカ)4週間の場合、ルームシェアなら1500ドル(約155,000円)、個室なら2300ドル(約237,000円) で参加できます。

⼤きな1軒屋に複数⼈で住むシェハウスのような雰囲気で、既に60カ国以上から800⼈以上も参加した実績があり、ホームページにはレビューや写真も多数掲載されています。

Wifi Tribe https://wifitribe.co/

UNSETTLED

Unsettled

「不確実性」を意味するUNSETTLEDは、コミュニティと⼈⽣をテーマに、デジタルノマド向けのコワーキングプログラムを提供しています。特徴的なのは、それぞれのツアーに「テーマ」があること。

⾏き先である国・都市と合わせて、30⼈の友⼈を作る、ライフスタイル、クリエイティブ、コワーキング、⽂化などの「テーマ」が⽤意されており、参加するノマド達は同じ⽬標やテーマに応じて共に過ごします。

ただ仕事しながら旅をするだでなく「⾃分を振り返るキッカケにしたい」「⾃分の⼈⽣について深く考えたい」と思う⽅にはとてもおすすめのツアーです!

料⾦は、スペイン・バルセロナ1ヶ⽉滞在の場合、宿付きで2750ドル(約284000円)、宿無しで1400ドル(約145000円)で、宿泊とコワーキングスペース、アクティビティ紹介などが含まれています。

Unsettled https://beunsettled.co/

DNX CAMP

DNX camp

Wifi、宿泊、フィットネス、現地アクティビティなど全てが揃ったパッケージツアーを提供するDNXCAMPは、デジタルノマドが各国から持ち寄ったビジネスを「成⻑させる事」を⽬的にプログラムされています。

例えば、国籍や仕事に応じて参加者が偏らないように振り分けたり、マーケティングや組織管理、Udemyの運営⽅法など様々なワークショップを開催したりしています。ウェブ関連のビジネスで起業したいデジタルノマドに向いています。

2015年にスタートしたDNX CAMPは、今までにスペイン、ポルトガル、ブラジル、インドネシア、モロッコなど世界各国でのキャンプ実績があり「新しい⼟地で、新しい仲間と、仕事をレベルアップしたい」という⽅におすすめのキャンプです。

DNX CAMP https://www.dnxcamp.com/

HACKER PARADISE

Hacker Paradise

宿泊、Wifi付きのコワーキングスペース、リモートワークや仕事のトラブルサポートなどが含まれたコワーキングツアーを提供するHacker Paradiseでは、⾏きたい場所と期間を選べばスタッフが出発前から旅をサポートしてくれます!⾏き先はタイ、インドネシア、スペイン、ブラジルから、

チェコやルワンダ、南アフリカ、ケニアなど他サービスにはない⾏き先もあるので「参加するなら珍しい場所に⾏きたい」「1⼈では⾏きづらい所に⾏きたい」というノマドにおすすめです。

料⾦設定が明確で分かりやすく、頭⾦のような初期費⽤もないので、安⼼して参加できま す。期間は最短2週間、最⻑12ヶ⽉まで。

料⾦は、イタリア⾏きの場合2週間で1750ドル(約182,000円)、1ヶ⽉で2490ドル(約258,000円)、12ヶ⽉滞在の場合はひと⽉1860ドル(約193,000円)から参加できます。日本でのコワーキングプログラムもあり、2021年5月に京都滞在プランが予定されています。

Hacker Paradise https://www.hackerparadise.org/

THE NOMAD ESCAPE

Nomad Escape

リモートワーク環境と宿泊、学習イベントやプログラムを提供するThe Nomad Escapeは、今回紹介するサービスの中では歴史が浅いものの、他とは⼀味違うツアーを提供する会社です。

1ヶ⽉以上の中⻑期プランが多い中、週末のみの短期で参加できるプランや、ビーチがテーマのプラン、起業家限定のプランなどがあり「英語に少し不安がある」「共通点が少ない⼈との共同⽣活は⼼配」と思う⽅には気軽に参加しやすいプランが揃っています。

2021年1⽉現在で はポルトガル⾏きのプランが複数予定されており、週末2泊3⽇で499ユーロ(約64,000円)、1週間プランで1349ユーロ(約172,000円)で参加できます。

The Nomad Escape https://thenomadescape.com/

VENTURE WITH IMPACT

Venture with Impact

教員・ガン経験者・⼥性起業家・旅好きなど様々な顔を持つ⼥性が設⽴したVenture with Impactは「参加者にたくさんの新しい経験をしてもらうことで、社会をより良く」をモットーにノマド向けコワーキングツアーを提供しています。

最⼤の特徴は、各国で様々なボランティアが体験できること。新しい⽂化、⼈、アイデアに触れながら、コロンビア、タイ、メキシコ、ポルトガルなどに滞在できます。料⾦は、タイに1ヶ⽉滞在する場合2000ドル(約208,000円)で、宿泊、参加者のスキルに応じたボランティア活動、現地アクティビティの紹介などが含まれています。

社会貢献事業やSDGに興味があるノマドにおすすめのプログラムです!

Venture with Impact https://www.venturewithimpact.org/

デジタルノマド向けコワーキングクルーズ

COBOAT

Coboat

Coboatは、⼤陸から離れて⾃然に浸りながら船の上でリモートワークができる新しいスタイルのコワーキング クルーズです。潮⾵に吹かれて波の⾳を聞きながら仕事をし、息抜きに美しく真っ⻘な海で泳げるという贅沢な環境。海好き・⾃然好きにはたまらない、ワ―ケーションにぴったりなプログラムです。

料⾦は1週間の 航海で平均1800ドル(約187,000円)で、Wifi環境・宿泊・⾷事・リモートワーク環境が含まれています。⾏き先には東南アジアやカリブ海、フランスなどがあり、ホームページには、1週間の具体的なタイムスケジュールなどもあるので、気になる⽅は是⾮覗いてみてください。

素敵な写真もたくさん撮影できるので、フォトグラファーや映像関係の仕事をしているノマドにもおすすめのクルーズです!

Coboat https://www.coboat.org/

NOMAD CRUISE

Nomad Cruise

スキルシェアをしながら航海を楽しめるノマド・クルーズでは、⼤型の豪華客船の中でリモートワークができる贅沢なパッケージクルーズを提供しています。

カリブ海からポルトガル・リスボンまで2週間かけて航海するプランでは、窓無しの客室の場合1800ユーロ(約230,000円)、窓付きの客室の場合2700ユーロ(約344,000円)で参加でき、⾷事や宿泊はもちろん、豪華客船ならではのジムやプール、スパ、カジノ、映画館までも楽しめます!

⼤型の豪華客船を利⽤するため、他サービスに⽐べて参加⼈数が多い点が特徴です。仕事もするけどバケーションも思いっきり楽しみたいノマドにはぴったり。もちろん、参加者がスキルや知識を共有できるデジタルノマド向けワークシップもたくさん⽤意されています。

The Nomad Cruise https://www.nomadcruise.com/

デジタルノマド向け列車の旅

NOMAD TRAIN

Nomad Train

電⾞で都市間を移動しながらリモートワークができるNomad Trainでは、ロシア・モスク ワからモンゴル・ウランバートルまでの⻑距離を、シベリア鉄道で移動するという、ちょっと変わったコワーキング列車の旅プランを提供しています。

⾞内で仕事をしながら、ふとした息抜きに⾞窓からの景⾊を眺めるという贅沢な時間を味わうことができます。ただし、ずっと移動し続けるわけではなく各都市で1〜3泊ほど宿泊するため、滞在先では現地の⽂化や観光を楽しみ、移動中は仕事に集中、などメリハリがつけやすいのも特徴です。

料⾦は2週間で1670ユーロ(約213,000円)で、モスクワからモンゴルまでの運賃と、宿泊、コワーキングスペースが含まれていいます。滞在地はほとんどがロシア国内の都市なので、電⾞が好き、世界最⼤の国⼟を持つロシアの⾊んな都市に⾏ってみたい!という⽅におすすめです。

Nomad Train http://nomadtrain.co/

世界のノマドと出会える、コワーキングプログラム

世界の様々なデジタルノマド向けコワーキングキャンプをご紹介しましたが、どのサービスが気になりましたか?⼈種や国籍も関係なく、各国から仕事を持ち寄って成⻑し合う究極のワーケーション。仕事をするだけでなく、英語もグンと上達しそうですね!

SNS

532ファンいいね
49フォロワーフォロー
0購読者購読

人気の記事

デジタルノマドとは

【自由に働きたい人必見】デジタルノマドを徹底解説 コロナウイルス禍でのリモートワークや働き方改革の影響で、「自由な働き方で生きていきたい」と考えるようになった方はいませんか? 実際にフリーランス人口の増加とともに「デジタルノマド」という働き方を選択する人が増えてきています。 今回は「デジタルノマド」について、 デジタルノマドという生き方とはメリットデメリット

【不便?きつい?】アドレスホッパーの生活とおすすめサービス3選

拠点を持たない生き方・アドレスホッパー。住居や荷物など不便な部分が多そうですが、実態はどうなのでしょうか。メリットやデメリット、注意点、そしてアドレスホッパーの生活を快適にするサービスを紹介します!

デジタルノマド 必須アイテム5選

デジタルノマドという新しい生活をしたいけど、どんなものが必要かわからない方に向けて、必須アイテム5選と選び方のポイントについて解説します。この記事を読めば、失敗のない買い物ができますよ!

デジタルノマド向けのビザ発行を発表している5カ国

「海外でデジタルノマド生活をしたい」人向けに、仕事しながら旅先に長期滞在できるデジタルノマド向けビザを発行する国が増えてきました。

リモートワーク?テレワーク?今さら聞けないその違いは?

最近「リモートワーク」や「テレワーク」という言葉がよく使われるようになってきましたが、二つの言葉の意味の違いを知っていますか?意味の違い、テレワークのメリット・デメリットを解説します。

【コワーキングスペースとは?】流行の背景とおすすめスペース5選

近年増加傾向のコワーキングスペースは作業に集中できる環境が欲しい方にはぴったりです。どんなところなのか、どんなコワーキングスペースがあるのか気になる方におすすめコワーキングスペース5選を紹介します!

アジア特集

【タイで海外ノマド】タイのコワーキングスペース5選

日本人デジタルノマドワーカーにオススメの国・タイ。ノマドライフにオススメな理由とタイのビザの概要、タイ各地でおすすめのコワーキングスペースを5つ紹介します。

【海外ノマド】フィリピンがノマドライフに最適な3つの理由

デジタルノマドにオススメの国と言えばフィリピン。今回はフィリピンがノマドライフに最適な理由、ビザ、フィリピンのおしゃれなコワーキングスペースについて解説します!

アジアで節約ノマド生活

アジアで海外ノマド生活をする上での節約ポイントを紹介。物価の安い東南アジアとはいえ、無計画に出費していてはダメ、コストを抑えつつ、充実したノマド生活を送るためのヒント。

マレーシアでノマド生活

在住者の視点から、マレーシアがノマド生活に向いているのか、メリット・デメリットを交えてお伝え。滞在先情報、ビザ情報、コワーキングスペースを紹介。

カンボジアで快適にノマド生活をするには

近年バックパッカーにもデジタルノマドにも注目されている旅先がカンボジア。カンボジアでのノマド生活を快適に送るためのヒント。

ベトナムのホーチミンでノマド生活

「ホーチミンのノマド事情は?コワーキングスペースとかあるかな?」フランス文化の影響を受けた東南アジアのエキゾチックな国、ベトナムでデジタルノマド生活をしてみよう。