2021年7月26日 月曜日
ホーム 海外デジタルノマド ベトナムのホーチミンでノマド生活

ベトナムのホーチミンでノマド生活

旅行者に人気のベトナムは、植民地時代に持ち込まれたフランス文化と東南アジアの文化が混ざり合ったエキゾチックな国。日本とのビジネス交流も盛んで、最近はホーチミンを中心にIT系のスタートアップも増えています。

ベトナムに興味があるデジタルノマドの方も多いのではないでしょうか。「ホーチミンのノマド事情ってどうなんだろ?コワーキングスペースとかあるかな?」と思っている方、ホーチミンでおすすめのコワーキングスペースをいくつかご紹介するので参考にしてください。

Photo by Robert Metz on Unsplash

まずベトナム・ホーチミンで快適なノマド生活は可能か、についての結論からですが・・・

『ある一点を除いてホーチミンでのノマドライフはおおむね快適です。』

ちょっと気になる結論ですが、それを踏まえてホーチミンのデジタルノマド事情について書いていきます!

ベトナムの基本情報

正式名称:ベトナム社会主義共和国

首都:ハノイ

通貨:ベトナムドン VND1=0.0045 円(2020/12時点)

言語:ベトナム語、華語(主に広東語、閩南語、北京語)、クメール語

宗教:約80%が仏教徒。そのほか、キリスト教(9%)、イスラム教、カオダイ教、ホアハオ教、ヒンドゥー教など。

面積:32万9241km2(日本の約90%)

人口:約9620万8984人(2019年)

民族:キン族(ベト族)約86%、そのほかに53の少数民族が存在している。

1人あたり名目GDP:2,566ドル

気候:ベトナム北部は亜熱帯性気候で四季があり、南部は熱帯モンスーン気候

時差:日本と-2時間。日本が朝10時のときはベトナムは朝8時。

ベトナム・ホーチミンへの行き方

日本から直行便が多数。JAL、ANAの日系やベトナム航空、ベトジェット航空のベトナム系もあります。

ベトナム航空やベトジェット航空だとセール時はかなり安く日本から往復で3万円以内で購入できます。

通常でも5万円ほどなので直行便がおすすめ。飛行時間は日本から約6時間。

ベトナムのホーチミンでノマド生活

Tuan Hung NguyenによるPixabayからの画像

ベトナムは南北に長い国です。北部の大都市はハノイ、南部はホーチミンになります。これがベトナムにおける2大都市です。

デジタルノマドとして滞在するにはどちらでも良いと思いますが、個人的にはベトナム最大の都市で街並みが美しいホーチミンをおすすめします。

ホーチミン滞在メリット

D MzによるPixabayからの画像
  • 街並みが美しい
  • 物価が安い
  • ハノイよりエネルギッシュな街
  • 日系のお店が多い
  • ご飯が美味しい

街並みが美しい

東洋のパリとも言われるくらい街並みが美しいのがホーチミンです。

フランス統治時代に建てられたコロニアル調の建物が沢山あり、ローカルのカフェやレストランも可愛くてインスタ映えのするお店が多いです。

物価が安い

Tuan Hung NguyenによるPixabayからの画像

海外ノマド生活で重要な指標が物価です。いくつか参考となる物価を載せておきます。

  • ミネラルウォーター 約20円
  • ジュース 約25円
  • パン 約50円
  • ローカルレストラン 約150円~
  • 日本食 約500円~
  • スマホSIMカード(1ヶ月) 約500円~
  • 宿泊:ドミトリー 約500円~ / 個室1,000円~
  • マッサージ 60分 約700円~

だいたいこれくらいの感覚だと覚えておいてください。

1ヶ月の生活費だと、個室に宿泊しても7万円~10万円もあればけっこう優雅な生活ができるのではないでしょうか。

ホーチミン滞在デメリット

Tuan Hung NguyenによるPixabayからの画像

次にホーチミン生活のデメリット。

  • 交通機関が発達していない
  • ビザなしだと滞在が15日以内
  • 軽犯罪が少し多い
  • 英語が通じにくい事がある

デジタルノマドにとって最大のネック、冒頭に書いた「ある一点」が2番目に書いたビザになります。

交通機関が発達していない

ホーチミンはバイク天国です。つまり道路にはたくさんのバイクが走っており、市民の文字通り足になっています。バスもありますが、まだまだ市内も完全に網羅されていません。

バイクが多いので交通事故も頻繁にありますし、歩いて道路を渡るのもなかなか大変です。

ビザなしだと滞在が15日以内

仕事をしながらゆっくりと滞在したいノマドにとってはこれが一番のネックです。ビザなしでの入国だとベトナムには15日以内しか滞在できません。

15日以上の滞在する場合は、事前に1ヶ月・3ヶ月滞在できる観光ビザを取得しましょう。

ビザの取得に関してはのちほど説明します。

軽犯罪が少し多い

スリやぼったくりなどの軽犯罪が多い傾向にあります。世界中から旅行者が来るため、どうしてもそういった都市は軽犯罪率が高いです。

ベトナムの通貨ドン(VND)は数字が大きくなるため、慣れないうちはよく分からなくなってぼったくりの被害に遭うことも珍しくありません。

英語が通じにくい

観光客が行くレストランやホテルでは英語は通じます。しかし少し離れた郊外に行ったり、ベトナム人ばかりのお店とかだと英語は通じにくいです。

日本の地方都市をイメージしてください。みんな英語なんてできませんよね。

あと個人的に不便だったのがタクシー・Grabでも運転手さんが英語出来なかったことです。細かい意思疎通は難しいと思っておきましょう。

ベトナムビザ情報

先ほども書きましたが、ベトナム入国に際しては日本人はビザは必要ありません (出国用の航空券が必要、また30日以内に再入国する場合はビザなし入国はできない)。

しかし滞在日数が15日以内となっており、旅行であれば問題はないですが、仕事もしながらゆっくり滞在するノマド生活となると15日はあっという間です。

15日以上滞在するには、観光ビザを事前に取得しておく必要があります。

観光ビザの種類は1ヶ月までのシングルビザまたはマルチビザ、3か月までのシングルビザまたはマルチビザの4種類があります(シングルは一度のみの入国、マルチは期間内であれば回数制限なく入国可能)。

また、日本のベトナム大使館でビザを取得する方法もあります。

必要書類は以下の通り。

  1. ビザ申請書(こちらでダウンロード)を印刷し、顔写真(3.5cmx4.5cm)
  2. 原本のパスパート(入国予定日から6か月有効のもの)
  3. ベトナム入国管理局またはベトナム外務省・領事局の入国許可書(ベトナムで申請する。入国許可書写し可)

詳細はベトナム大使館のウェブサイトをご覧ください。

招聘状を取得する必要があり、海外旅行や英語慣れしていない方にとってはなかなか面倒。不安な方はビザ申請業者に頼みましょう。

ベトナム・ホーチミンのおすすめコワーキングスペース

ホーチミンでデジタルノマド生活をするには、カフェより絶対コワーキングスペースがおすすめです。快適な作業スペースが確保されているコワーキングスペースはホーチミンにはたくさんあります。

以下の3件はホーチミンでも人気があるおしゃれなコワーキングスペースです。

CirCO Co-working Space

Macintosh HD:Users:shingowasa:Desktop:スクリーンショット 2020-12-30 17.01.06.png
Macintosh HD:Users:shingowasa:Desktop:スクリーンショット 2020-12-30 17.01.19.png

CirCOコワーキングスペースはホーチミンで2箇所運営されています。(第4地区のHOANG DIEUと第1地区のNGUYEN TRAI)

住所:384 Hoang Dieu Street, District 4, Ho Chi Minh City, Vietnam

営業時間:8;30〜18:30

利用料金:1日700円

ウェブサイト:https://circo.co/

共同スペースが広く、人と距離をあけて快適な作業ができるコワーキングスペースです。

カウンター席やソファ席もあり疲れたら気分転換もできます。フリードリンクはもちろん、インスタント麺などは有料にはなりますが置いてます。

外出しなくても1日作業できるコワーキングスペースとなっています。

2.Dreamplex Dien Bien Phu

Macintosh HD:Users:shingowasa:Desktop:スクリーンショット 2020-12-30 16.57.35.png
Macintosh HD:Users:shingowasa:Desktop:スクリーンショット 2020-12-30 16.57.21.png
Macintosh HD:Users:shingowasa:Desktop:スクリーンショット 2020-12-30 17.03.33.png

住所:住所:Level 9 – 10 – 11, 21 Nguyen Trung Ngan Street,
District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

営業時間:受付時間 9:00-18:00(日曜休み)

利用料金:1日750円

ウェブサイト:https://dreamplex.co/locations/ho-chi-minh-city/binh-thanh-district/dien-bien-phu/

こちらは景色が良く内装がカラフルで元気に作業できるコワーキングスペースです。

最初に紹介したCicroとともにベトナムではコワーキングスペースの大手の1つがDreamplexです。

利用者のことを考えられた作りとなっているので快適な作業が約束されています。かなり人気のコワーキングスペースのため、日によっては混雑が予想されます。

3.Ka Koncept

Macintosh HD:Users:shingowasa:Desktop:スクリーンショット 2020-12-30 17.09.25.png
Macintosh HD:Users:shingowasa:Desktop:スクリーンショット 2020-12-30 17.09.34.png

住所:9 Nguyễn Trãi, Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh

営業時間:9:00〜22:00

利用料金:1日900円

ウェブサイト:https://globegliders.com/Orders/Service/2384

とにかくおしゃれなコワーキングスペースです!立地も良くベンタイン市場からは徒歩10分ほどです。窓が大きく採光が取れるため明るい店内となっています。

4時間プランもあり、約400円とワンコイン以下の価格が嬉しいです。

滞在先情報

ノマドにおすすめのホーチミンのホステル・ゲストハウス情報を記載しておきます。

コウコウ ホームステッド (CouCou Homestead)

ドミトリー1泊800円~、個室2,000円~

可愛らしい部屋と安い料金で人気のホテルです。ゲストからの評価も高いのでおすすめです。

参照:https://www.agoda.com/

ザ アート ナイス トゥー ホーム サイゴン (The Art – Nice To Home Saigon)

ドミトリー1泊700円~

白を基調とした女性が好みそうなホテルです。安いですが清潔感もあり多くの旅行者から人気です。

参照:https://www.agoda.com/

シティ ポシュテル (City Poshtel)

ドミトリー1泊900円~

快適なベッドが希望ならこちらのホステルがおすすめ。しっかりした作りのベッドのため、上段の人の揺れもなく熟睡できます。

参照:https://www.agoda.com/

チル ボックス (Chill Box)

個室1泊1,500円~

個室で安いホテルをお探しならこちらのチルボックスが候補です。スタッフもフレンドリーで清潔感のあるホテルです。

参照:https://www.agoda.com/

SNS

30ファンいいね
57フォロワーフォロー

人気の記事

エストニア電子政府のe-residency

電子国家として有名なエストニア。現地に行かずともネットを通じてエストニアに会社を設立できるe-residency (eレジデンシ―)制度とデジタルノマドビザについてに詳しく紹介。

デジタルノマドとは

【自由に働きたい人必見】デジタルノマドを徹底解説 コロナウイルス禍でのリモートワークや働き方改革の影響で、「自由な働き方で生きていきたい」と考えるようになった方はいませんか? 実際にフリーランス人口の増加とともに「デジタルノマド」という働き方を選択する人が増えてきています。 今回は「デジタルノマド」について、 デジタルノマドという生き方とはメリットデメリット

【デジタルノマドにおすすめ】東京のおしゃれなゲストハウス5選!

デジタルノマドにおすすめのゲストハウス。いつもと違う環境、新たな人との出会いを提供してくれます。気分が上がる東京のおしゃれなゲストハウスを5カ所ご紹介します。

【不便?きつい?】アドレスホッパーの生活とおすすめサービス3選

拠点を持たない生き方・アドレスホッパー。住居や荷物など不便な部分が多そうですが、実態はどうなのでしょうか。メリットやデメリット、注意点、そしてアドレスホッパーの生活を快適にするサービスを紹介します!

デジタルノマド向けのビザ発行を発表している5カ国

「海外でデジタルノマド生活をしたい」人向けに、仕事しながら旅先に長期滞在できるデジタルノマド向けビザを発行する国が増えてきました。

【海外ノマド】フィリピンがノマドライフに最適な3つの理由

デジタルノマドにオススメの国と言えばフィリピン。今回はフィリピンがノマドライフに最適な理由、ビザ、フィリピンのおしゃれなコワーキングスペースについて解説します!

アジア特集

【海外ノマド】フィリピンがノマドライフに最適な3つの理由

デジタルノマドにオススメの国と言えばフィリピン。今回はフィリピンがノマドライフに最適な理由、ビザ、フィリピンのおしゃれなコワーキングスペースについて解説します!

【タイで海外ノマド】タイのコワーキングスペース5選

日本人デジタルノマドワーカーにオススメの国・タイ。ノマドライフにオススメな理由とタイのビザの概要、タイ各地でおすすめのコワーキングスペースを5つ紹介します。

アジアで節約ノマド生活

アジアで海外ノマド生活をする上での節約ポイントを紹介。物価の安い東南アジアとはいえ、無計画に出費していてはダメ、コストを抑えつつ、充実したノマド生活を送るためのヒント。

カンボジアで快適にノマド生活をするには

近年バックパッカーにもデジタルノマドにも注目されている旅先がカンボジア。カンボジアでのノマド生活を快適に送るためのヒント。

マレーシアでノマド生活

在住者の視点から、マレーシアがノマド生活に向いているのか、メリット・デメリットを交えてお伝え。滞在先情報、ビザ情報、コワーキングスペースを紹介。

ベトナムのホーチミンでノマド生活

「ホーチミンのノマド事情は?コワーキングスペースとかあるかな?」フランス文化の影響を受けた東南アジアのエキゾチックな国、ベトナムでデジタルノマド生活をしてみよう。