2021年7月26日 月曜日
ホーム 海外デジタルノマド ヨーロッパで節約ノマド生活

ヨーロッパで節約ノマド生活

海外でノマドとして生活していく上では、お金の扱い方が大切。もし何でもかんでも使っていれば、あっという間に無くなってしまいます。

そこで今回は、ヨーロッパでデジタルノマド生活をする上で節約できるポイントを紹介します。海外ノマドとしてヨーロッパへ行きたい方は、ぜひ読んでみてください。

ヨーロッパの物価はやっぱり高い?

「ヨーロッパってどこも物価が高そう…」と思うかもしれませんが、そのようなことはありません。イギリスやフランス、ドイツといった国々は物価が高いですが、バルト三国や東欧のハンガリー、ポーランドなどはヨーロッパの中では物価が低めです。

ノマドワーカーとしてヨーロッパに滞在する場合、国にこだわりがなければより物価の安い国に行ったほうが生活しやすいでしょう。

ヨーロッパで節約生活するポイント

ヨーロッパでノマド生活する上で、4つの節約ポイントがあります。一体どのようなものなのでしょうか。

①食事は外食ではなく自炊を!

Photo by Mehrad Vosoughi on Unsplash

アジアの場合は外食のほうが安上がりな場合が多々ありますが、ヨーロッパは反対です。

外食すると日本以上にお金がかかってしまうため、自炊するのがおすすめ。ヨーロッパのスーパーは、日本とは違って量り売りということもあり、自分が食べたい分だけ購入できます。そのため、食品ロスも防げることから、「購入しすぎて余ってしまった…」とならずに済みます。

②交流する際はランチかバーにしよう

現地で会った人々と交流する機会があるならば、ランチやバーなどを利用しましょう。レストランでのディナーは高値であるため、ランチやバーのほうがサクッと費用を抑えて利用できます。

Photo by JOHN TOWNER on Unsplash

③30歳以下ならヨーロピアンユースカードを!

あなたが30歳以下ならば、ヨーロピアンユースカードをゲットしておくのがおすすめ。ヨーロピアンユースカードを使うことで、スペインのサグラダ・ファミリアやポルトガルの国立アズレージョ博物館などの観光スポットに割引価格で入場できます。

ヨーロピアンユースカードは作るまでに2週間以上かかってしまうことから、できる限り早めにゲットしておきましょう。入手方法は公式サイトから申し込めばOKであり、出身国や氏名、支払い情報などを入力して申し込みます。

Europen Youth Card のサイト

④宿泊先はエリアや季節を考えた上で決めよう

宿泊先に関しては、あなたが行きたいエリアや季節によって決めましょう。

ドミトリー、民泊、コリビング

Photo by Marcus Loke on Unsplash

例えばロンドンやパリといった中心部に行きたい場合は、ドミトリーを利用するのがおすすめ。どうしても一人の空間が欲しいのであれば民泊やアパートメントホテルが向いていますが、ドミトリーと比べると高いです。反対にそれ以外のエリアであれば、ドミトリーよりも民泊が安い場合があります。

近年注目されているコリビングを利用するのも良いかもしれません。コリビングとは週単位や月単位で滞在できるシェアハウスのような施設ですが、ワーキングスペースがあったりとノマド生活に適してた新しい居住の形。

ヨーロッパはコリビングの普及が進んでいるので、都市に滞在するならお気に入りの滞在先を見つけられるでしょう。

孤独になりがちな海外でのデジタルノマド生活ですが、コリビングを利用する事で共同生活を通して様々な人達と交流する事が出来ます。但しコリビングが集中している西欧の大都市だと滞在費が少々高めにつきます。

イタリアのマテーラにあるコリビングCasa Neutral

バカンスシーズンに注意

また、季節も宿泊先を決める上で欠かせないポイント。例としてバカンスシーズンの場合は、全体的に宿泊費用が高くなりやすいです。夏場はリゾート地は避けた方が無難です。

ノマド生活に適したヨーロッパの国って?

Photo-acからの画像

ヨーロッパにはさまざまな国があるため、どこがノマド向きなのか迷う方もいることでしょう。もしそうであれば、エストニアはどうでしょうか。

エストニアはバルト三国の1つであり、ロシアやフィンランドに近い国です。この国を勧める理由は、デジタルノマドビザが用意されているため。ビザを持っていれば最長1年間滞在できるため、ヨーロッパで仕事をしながら長期滞在したい方にはぴったりの国といえます。

節約を心がければヨーロッパでのノマド生活も可能!

Photo by Roman Kraft on Unsplash

今回は、ヨーロッパでノマド生活する上での節約ポイントを紹介しました。ヨーロッパは物価が高いイメージがありますが、きちんとポイントを知っておけば費用を抑えて生活できます。だからこそ、これからヨーロッパに行こうと考えている方は、この記事で紹介したことを踏まてて計画してみてください。

SNS

30ファンいいね
57フォロワーフォロー

人気の記事

エストニア電子政府のe-residency

電子国家として有名なエストニア。現地に行かずともネットを通じてエストニアに会社を設立できるe-residency (eレジデンシ―)制度とデジタルノマドビザについてに詳しく紹介。

デジタルノマドとは

【自由に働きたい人必見】デジタルノマドを徹底解説 コロナウイルス禍でのリモートワークや働き方改革の影響で、「自由な働き方で生きていきたい」と考えるようになった方はいませんか? 実際にフリーランス人口の増加とともに「デジタルノマド」という働き方を選択する人が増えてきています。 今回は「デジタルノマド」について、 デジタルノマドという生き方とはメリットデメリット

【デジタルノマドにおすすめ】東京のおしゃれなゲストハウス5選!

デジタルノマドにおすすめのゲストハウス。いつもと違う環境、新たな人との出会いを提供してくれます。気分が上がる東京のおしゃれなゲストハウスを5カ所ご紹介します。

【不便?きつい?】アドレスホッパーの生活とおすすめサービス3選

拠点を持たない生き方・アドレスホッパー。住居や荷物など不便な部分が多そうですが、実態はどうなのでしょうか。メリットやデメリット、注意点、そしてアドレスホッパーの生活を快適にするサービスを紹介します!

デジタルノマド向けのビザ発行を発表している5カ国

「海外でデジタルノマド生活をしたい」人向けに、仕事しながら旅先に長期滞在できるデジタルノマド向けビザを発行する国が増えてきました。

【海外ノマド】フィリピンがノマドライフに最適な3つの理由

デジタルノマドにオススメの国と言えばフィリピン。今回はフィリピンがノマドライフに最適な理由、ビザ、フィリピンのおしゃれなコワーキングスペースについて解説します!

アジア特集

【海外ノマド】フィリピンがノマドライフに最適な3つの理由

デジタルノマドにオススメの国と言えばフィリピン。今回はフィリピンがノマドライフに最適な理由、ビザ、フィリピンのおしゃれなコワーキングスペースについて解説します!

【タイで海外ノマド】タイのコワーキングスペース5選

日本人デジタルノマドワーカーにオススメの国・タイ。ノマドライフにオススメな理由とタイのビザの概要、タイ各地でおすすめのコワーキングスペースを5つ紹介します。

アジアで節約ノマド生活

アジアで海外ノマド生活をする上での節約ポイントを紹介。物価の安い東南アジアとはいえ、無計画に出費していてはダメ、コストを抑えつつ、充実したノマド生活を送るためのヒント。

カンボジアで快適にノマド生活をするには

近年バックパッカーにもデジタルノマドにも注目されている旅先がカンボジア。カンボジアでのノマド生活を快適に送るためのヒント。

マレーシアでノマド生活

在住者の視点から、マレーシアがノマド生活に向いているのか、メリット・デメリットを交えてお伝え。滞在先情報、ビザ情報、コワーキングスペースを紹介。

ベトナムのホーチミンでノマド生活

「ホーチミンのノマド事情は?コワーキングスペースとかあるかな?」フランス文化の影響を受けた東南アジアのエキゾチックな国、ベトナムでデジタルノマド生活をしてみよう。