海外でデジタルノマド、旅をしながら収入も

ホーム海外デジタルノマド海外でデジタルノマド、旅をしながら収入も

リモートワークでの働き方が社会に定着してきて、「デジタルノマド」「ノマドワーカー」という言葉を耳にする機会も出てきました。

デジタルノマドとは、拠点を構えずパソコンだけを持って、まるで遊牧民のように各地を移動しながら働く、という働き方です。

コロナ禍で一気に普及したリモートワークですが、ほとんどの仕事では「完全リモートワーク」は難しく、どうしても出社する必要があります。しかし、フリーランスの場合には会社に出勤する必要もなく、パソコンとインターネット環境さえあれば、世界中どこでも働くことが可能です。

世界中どこでも働くことが可能で、それを実践している人たちがデジタルノマドなのです。

海外デジタルノマドに必要なスキル

海外デジタルノマドのスキル
Photo by CoWomen on Unsplash

デジタルノマドをするために必要なスキルは、「パソコンを使ってお金を稼ぐスキル」です。例えばIT関係のエンジニアやデザイナー、ライターや翻訳、FXや株のトレーダーなど。どれも稼ぐには経験や勉強が必要ですが、特別な資格が無くても始めることができる仕事も多くあります。

海外でデジタルノマド生活をする上で必要になるのはやはり「語学力」。宿や交通手段、コワーキングスペースの手配などを困らずにできるだけの語学力は必要です。長期であちこち旅をしていると色々な事が起こるもの。何かトラブルがあった場合にも対処、交渉できたり、トラベラーやデジタルノマドが集まるコミュニティにも積極的に参加できるだけのコミュニケーション力がある事が望ましいです。

ある程度の資金は必要

Photo by Kelly Sikkema on Unsplash

海外生活なので、もしもの時のためにもお金は余分に持っていくほうが安心ですが、基本的にはデジタルノマドとしての仕事から得られる収入で生活していくことになります。「貯金を切り崩しながら生活する」従来の旅人や、海外移住者との大きな違いはここですね。

たとえば東南アジアの国々では、日本と比べると生活コストが低く抑えられます。同じ収入でも、すこしだけ贅沢な生活ができます。

但し、外国ですっからかんになってしまうと大変ですから、長期で海外デジタルノマド生活をする場合は、資金的にも余裕をもっておいた方が断然安心です。

ビザに気を付けて

デジタルノマドは基本的にはフリーランスで、社会的信用はありません。就労ビザの取得は困難です。

海外でデジタルノマドをする場合には、ノービザでの滞在か、観光ビザでの滞在になります。旅先で自分の仕事をこなす事には特に問題ありませんが、現地で就労したり商売をする事はもちろんできません。

ビザの期限が来たら延長申請するか、一度出国するか、その土地を離れるかのどれかです。入国する前に、ノービザでの滞在期限や観光ビザの取得方法など、しっかり調べておきましょう。長期間同じ土地にとどまることができないのは、「ノマド(遊牧民)」の宿命であるとも言えますね。

ここ数年、デジタルノマドという生き方が浸透するようになり、いくつかの国ではデジタルノマドビザを発行し、その国での長期滞在を認めています。

海外デジタルノマドの持ち物

海外でデジタルノマドをする際に、あったら良い物はいろいろありますが、あまり物が多いと移動が億劫になってしまいます。なので、荷物はできるだけ減らしましょう。

最低限必要な物を挙げるとすれば、パソコン、パスポート、クレジットカードです。これだけあれば、海外でデジタルノマドを始めることができます。

クレジットカードはキャッシングできるものだと、報酬が振り込まれる銀行口座からの引き落としにしておけば、海外にいても、仕事の報酬を間接的に引き出すことができます。 海外デジタルノマドの必須アイテムについてはこちら。

海外ノマド生活の注意点

たとえば田舎に行くと、まともにネットがつながる場所がない、頻繁に停電する地域もあります。ネット環境はデジタルノマドの生命線なので、一定期間以上滞在する場所を選ぶ際には「ネットがまともに使える場所が近くにあるか」を確かめましょう。もし、まともにネットが使える場所が見つからなければ、デジタルノマドとしてはその地に留まる事はあきらめざるを得ません。

また訪問先の文化や慣習を尊重する事、盗難など、治安に気を付ける事も大切です。

スケジュールや仕事の管理

各地を移動しながら仕事をしていると、仕事の段取りやスケジュール管理が少し大変です。海外では時差もあるので、日本にクライアントがいる場合は連絡が遅れがちになって信用を失ってしまう事も。また、現地で会ったトラベラー達に夜遅くパーティーに誘われても、翌日に仕事の締切があるから断らなければいけないといった、日本で働いていれば当然と思えるような事も、旅先ではなかなか難しかったりします。トラベラーとの大きな違いはここ。海外デジタルノマドにとっては、「自己管理をしっかりすること」がいちばん必要な心構えです。

また海外では時差や気候、慣れない環境といった要因から体調を崩しやすくなるもの。体調管理にも気を付けましょう。

デジタルノマドコミュニティを利用したネットワーキング

Photo by Austin Distel on Unsplash

欧米ではデジタルノマドが少なくなく、欧米や東南アジアなどの都市のコワーキングスペースでは、多くの欧米人デジタルノマドの姿を見かけます。そうしたデジタルノマドの集まるコワーキングスペースではコミュニティが形成されていて、デジタルノマド同士が交流を持ったり、提供可能なスキルがあれば仕事の依頼を受けたりすることもできます。もちろんデジタルノマドの主戦場であるネット上にも、同じようなコミュニティがあります。

海外デジタルノマド生活はかけがえのない経験に

海外を長期で旅しながら収入も得る、海外デジタルノマド生活は、休暇中にいく海外旅行とも、旅だけをするバックパッキングとも違います。収入を得る事で金銭的・時間的な余裕がある反面、フリーランスとして仕事をこなす自己管理が必要になります。この辺のバランスをうまくとれれば、海外でのデジタルノマド生活はかけがえのない経験になるでしょう。

デジタルノマド生活

海外ノマドライフ

デジタルノマド