spot_img

タイの高級ホテルのラウンジでリモートワーク、Workloungeアプリ

ホームリモートワークタイの高級ホテルのラウンジでリモートワーク、Workloungeアプリ

デジタルノマドやリモートワーカーの仕事場所と言えば、コワーキングスペースやWiFiカフェが定番ですが、今回紹介するWorkloungeアプリは高級ホテルのビジネスラウンジをワークスペースとして利用できるサブスクリプションサービスを提供しています。

Currently, 25 hotels in 10 cities such as Bangkok, Chiang Mai, Pattaya, Phuket, Koh Samui, and Koh Phangan in Thailand are registered, and new hotels are being added all the time. Subscription members can use all business lounges registered in the app as workspaces.

There is a lineup of first-class hotels that can satisfy even the most upscale businessmen, such as Hyatt Regency Sukhumvit in Bangkok, Intercontinental in Phuket, and Amari in Koh Samui.

コワーキングスペースと何が違う?

Worklounge – Amari Koh Samui

コワーキングスペースは数多くありますが、ハイエンドなサービスを求めるビジネスマンの需要に応えるワークスペースはこれまで殆どありませんでした。

一流ホテルのビジネスラウンジは、宿泊客でないと利用できなかったり、有料の会員制であったりと、一般客はアクセスできない事が殆どです。これらのラウンジではワークスペースや高速インターネット接続以外にも、高級ホテルならではのゆったりとした空間、行き届いたサービスを受ける事ができます。またホテルにはプールやジム、レストランやバー等の様々な質の高いアメニティがあります。

Workloungeはタイ全国の主要都市やリゾート地を網羅しているので、例えばバンコクからパタヤやプーケットに移動しても、移動先でワークスペースを探し回る必要はなく、快適な仕事場を確保できます。

フィンランド人とアメリカ人による、タイのスタートアップ

Worklounge共同創業者、Benjamin Assuied氏(左)とRiku Penttinen氏(右)

Workloungeは2021年10月にサービス提供を開始した、タイを拠点とするスタートアップ企業。共同創業者であるフィンランド出身のRiku Penttinen氏と米国出身のBenjamin Assuied氏は、東南アジアでホスピタリティ業界でのキャリアが長く、コワーキング/コリビングに関する事業にも深く携わってきました。

パンデミックの真っ最中に誕生したWorkloungeですが、一流ホテルのラウンジをラグジュアリー志向のリモートワーカーに提供するというアイデアは長年温めていたとの事。デジタルノマドやテレワークといった場所に縛られない働き方が注目され始めて数年経ちますが、コロナ前までタイではリモートワークは一般的には普及していませんでした。

コロナ禍中、タイではロックダウンなど厳しい規制が施行され、人々はリモートワークを余儀なくされました。タイの重要な産業である観光が完全にストップし、観光業が苦境に追いやられる中、RikuとBenjaminはホテル業界をサポートするべく、長年の構想を実行に移し、Workloungeを起業しました。

ホテル業界に新たなバリューを生み出す

Worklounge – Hyatt Regency Bangkok

ここ数年、ホテル業界は宿泊場所を提供するだけでなく、様々な付加価値を模索してきました。Workloungeはホテルにリモートワーカーを呼び込む事で、ホテル側には新たな顧客の獲得機会を、リモートワーカーにはハイエンドなワークスペースを提供する事でWin-Winなビジネスモデルを構築しています。

パンデミックの副産物として急速に浸透したリモートワーク。CEOのRikuにコロナ収束後もリモートワークは普及し続けると思うか、と聞いたところ、「100%そう思う」という答えが返ってきました。「皆が完全にリモートワークができるようになるとは思わないけど、通勤する日としない日があるハイブリッドモデルが定着していくと思う。」

リモートワークを積極的に取り入れる企業が、社員が好きな場所で快適に仕事ができるよう、ワークスペースのサブスクリプションを提供する事もあるでしょう。Workloungeで利用できるビジネスラウンジはクオリティが非常に高いので、会社が社員に与える福利厚生としても魅力的です。

タイに行ったらWorkloungeを使ってみよう

Workloungeはタイを訪れるデジタルノマドにも嬉しいアプリ。サブスクリプション会員であれば、アプリ内に登録されている全てのホテルラウンジが利用できるので、移動先でいつでも快適なワークスペースを確保できます。

アプリはApp Store (iOS)とGoogle Play (Android)から入手可能で、料金は以下の通り。

Access Pass1日有効/1ラウンジのみ利用可$25
Gold 1028日 有効 / 10回$145
Gold Unlimited28日有効 / 利用回数制限なし$275
Black365日有効 / 利用回数制限なし$2750

Workloungeは現在はタイのみで展開していますが、今後はベトナム、インドネシア、シンガポール、香港などにマーケットを広げていく予定です。

Worklounge CEOに聞く、タイの魅力

Photo by Evan Krause on Unsplash

タイはデジタルノマドの滞在先として人気がありますが、タイで起業したフィンランド人であるWorkloungeのCEO、Rikuにタイの魅力を聞いてみました。

ます第1に「生活のクオリティ」。タイには想像できる全てのものがあり、質の高い生活が送れるとの事。

2つ目は「美しい自然」。大都市バンコクに住んでいても、たった1.5時間のフライトで世界で最も美しいビーチに行けるところが好きだそう。都会で暮らしながらも自然に触れる機会が多くある事が、生活のバランスを取る上で重要なのだと言います。

そして3つ目は「食べ物」。タイの食べ物は世界でも最高だと断言する彼に、同感の人も多いことでしょう。

海外ノマド日本人グループ

旅も仕事もあきらめない。海外ノマド生活をしている人、海外ノマドに挑戦したい人のための情報共有グループ。
世界各国の
🏠 ノマドに快適な宿情報
💻 おすすめコワーキングスペース情報
🏝️ワークショップやノマドキャンプ
🛂 デジタルノマドビザ情報…など
海外ノマドに役立つ情報をみんなで共有できたらと思います!ブログや動画の共有歓迎★

spot_img
324ファンいいね
140フォロワーフォロー
42フォロワーフォロー
spot_img

海外ノマド

spot_img

人気の記事

spot_img
spot_img